犬の顔には長くて硬い“ひげ”が生えているのはご存知かと思います。

伸びやすい子だと、モグラのようなイメージになりますよね!

 

 

しかし、実はこのおひげ、ただの飾りではないのです!

ひげは正式には洞毛(どうもう)と言います。

犬は触覚による情報を処理する部分の約40%が顔に集まっていて、さらに洞毛が生えている上あごがその大部分を占めているのです!

 

 

洞毛は空気の流れを察知するほど触覚が鋭く、顔の近くにある物体との距離感を把握し、衝突を避けることができると言われています。

なので実は、おひげを切ってしまうことで状況把握能力が低下し、犬のストレスになってしまうこともあるのでは、と言われているほどなのですよ。。。

 

 

犬にとって自分の身を守る大切なアンテナの役割をしているひげ。

この機会にちょこっと覚えておくのもいいかもしれませんね。