Tiara's NOTE

アットホームなサロンが発信する、緩くて気軽でちょうどいい、犬の情報サイト

カテゴリー: 健康

散歩する犬

お散歩に一工夫したいこと

梅雨が近づいているとはいえ、まだまだ行楽シーズン!

お散歩のステップがはずみますね♪

それに関連して、先日このような記事を発見したのでご紹介。。。

散歩の仕方を工夫すると愛犬の脳が活性化する

 

簡潔に内容をご紹介すると、毎日決まりきったコースや時間でのお散歩はワンちゃんの脳に退屈を与えて、認知症ぼけなどの発症につながってしまうため、いつものお散歩でどんな工夫ができるか?という内容です。

 

確かに、お散歩は習慣化されて生活の一部になってしまいがちですが、ワンちゃんは好奇心が旺盛なので、常に新しい刺激を求めています!

 

なので、いつものお散歩コースを少し変えてみたり、ペースに緩急を付けてみたりお散歩の質の部分を変えてあげるだけで脳の活性化に繋がるのだとか!

 

また、歩行という有酸素運動は「オピオイド」という鎮痛作用をもたらす物質を分泌するため、わんちゃんの心のケアにも良いのだそうですよ!!!

 

これは人間が運動によってもたらされる効果と同様ですね!

 

ぜひ、明日からのお散歩でこうした工夫を活用してみてはいかがでしょか!?

痛みを我慢

我慢しているもの

よく、「犬は痛みをあまり感じない」と耳にしますが、これは全くの勘違いです!

犬は痛みを感じにくいのではなくて、ただ単に我慢して隠しているだけなのです!

というのは、犬のご先祖たちは昔の群生活において、怪我や病気で弱っている状態では危険が多いため、痛みを隠し耐えている方が有利に生き残ることができたとされています。

今でもその生存本能が残っているのでしょうね。

 

痛みを感じることは人間でもそうですが、相当のストレスと言えます。

 

我慢し続けていると免疫系の活動を高め続けてしまうため、心臓・胸腺・副腎などの器官に負荷がかかります。

そして、痛みからくるストレスで食欲低下筋肉疲労組織破壊が起こり、睡眠もままならなくなり、回復が遅くなるという負の連鎖が生じてしまいます!!

 

なので、いつもの状態と比べた時の変化にすぐ気付くことができるように、日ごろから愛犬を意識して観察しておくことが大切です。

こうしたサインを見逃さないことが、犬の痛みを早い段階で解消することになりますからね!

日差し

日光浴

今日もお天気が良くて、とっても気持ちがいいですね!!!

週始めではありますが、こんな日は日向ぼっこしながらウトウトしちゃいたいものです。。

 

そんな日向ぼっこですが、おうちのワンちゃん達はしていますか??

日光浴はただ気持ちいいだけでなく、私たち人にとってもワンちゃんにとっても、非常に大切な作用をもたらしているのです!!

 

いったいどんな効果があるのでしょうか?

ここでは主に3つご紹介します。

 

①朝日を浴びることにより体内時計がリセットされる

体内時計は体内での生活リズムを作り出し、ホルモンバランスの調整などをしてくれます。この時計が狂うと自律神経が乱れたり、様々な悪影響が出てきてしまうわけです。

 

②ホルモンの分泌を正常に保つ

ホルモンの分泌を正常に保つことで、セロトニン、別名「幸せホルモン」の分泌が促進されます!

人の場合、このセロトニンの分泌が不足すると「うつ病」や「不眠症」などの発症率が高くなると言われており、健康を支える大切なホルモンになります。

実は、犬のうつ症状も確認されているので、セロトニンはワンちゃんの心にとっても大きな役割を持つと考えられます。

 

③体内でのビタミンD合成促進

骨を丈夫にするなら「カルシウム」をたくさん摂りましょう、と言われますが、それだけでは効果が期待できないことをご存知でしょうか?

実は、カルシウムの吸収を促進するには、ビタミンDの助けが必要不可欠!

紫外線を浴びると身体によくないと言われますが、それは全くの誤解です。確かに浴びすぎには注意が必要ですが、逆に紫外線を気にしてインドアになったり、日焼け止めを塗りたぐったり、日傘を差したりと日光を遮断してしまうと、ビタミンDの合成量が減り、健康に悪影響が出る恐れがあります。

 

いかがでしょうか?

これから、日差しが強い時期になってきますが、愛犬と一緒に紫外線を恐れず積極的に日光を浴びるように心がけてあげると、心身の健康に繋がるでしょう!

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén