Tiara's NOTE

アットホームなサロンが発信する、緩くて気軽でちょうどいい、犬の情報サイト

カテゴリー: 春の生活

もじゃもじゃ

犬の被毛のお話し ②

前の記事はこちら

犬の被毛のお話し 

前回はシングルコートとダブルコートの犬種の違いをお話ししたので、その続きをご紹介していきたいと思います。

【 ダブルコート 】

  • 柴犬
  • チワワ
  • ポメラニアン
  • シェットランドシープドッグ
  • コーギー
  • ダックスフンド
  • ゴールデンレトリバー
  • スピッツ
  • キャバリア
  • パグ

【 シングルコート 】

  • ヨークシャテリア
  • プードル
  • シュナウザー
  • マルチーズ
  • パピヨンイタリアングレーハウンド
  • シーズー

 

以上、シングルコートとダブルコートの代表的なワンちゃんをご紹介しました!

こうしてワンちゃんの種類で見てみると、ダブルコートのワンちゃんは抜け毛が多いと言うことがよく分かります!

愛犬はどちらのタイプか改めて確認できましたか?

これからワンちゃんを家族に迎えいれる予定のある方は、ちょこっとだけ参考にしてみて下さい!

 

もじゃもじゃ

犬の被毛のお話し 

今の時期、たくさんの毛が生え変わり、お手入れが大変ですよね。。

これは、換毛期という、冬毛から夏毛に生え変わっている現象なのですが、今日はそんなワンちゃんを守っている被毛についてご紹介していきたいと思います!

 

そもそも、ワンちゃんの毛の役割をご存知でしょうか?

あまり深く考えることって少ないですよね。。笑

 

1番の役割は体の保護です。

保護とは、物理的刺激から皮膚を守る水をはじく身体の乾燥や病原体の侵入を防ぐなどの役割があります!

保護作用のある犬の毛は大きく分けて二種類あります。

それが、主毛(オーバーコート)と副毛(アンダーコート)です。

分かりやすく区別するならば、オーバーコートは太くしっかりしている毛、アンダーコートはオーバーコートの根元に生えているフワフワのやわらかい毛のことです。

この時期にたくさん抜けるのは、アンダーコートです。

アンダーコートを抜いてあげないと、毛の密度やもつれが発生し、皮膚が蒸れて皮膚病の原因ですので、ブラッシングはマメに行いましょうね!

さて、ワンちゃんの毛の生え方にも種類があって、オーバーコートしか生えないタイプをシングルコートと言い、オーバーコートとアンダーコートの両方があるタイプをダブルコートと言います!

では、シングルコートの犬種とダブルコートの犬種はどのように分けられているのでしょうか?

この続きは次回ご紹介していきたいと思います!!

予防注射済表

狂犬病ワクチンの季節がやってきた!

春のこの時期、新学期・新生活などがスタートし、人生の節目を感じますね。

一方で犬を飼っているとこの時期に感じることは、「狂犬病ワクチン打たねば!」ではないでしょうか?笑

狂犬病ワクチンは、ワンちゃんを飼っている方は必ず打たなければいけない義務ということはご存知かと思います。

 

では、なぜ色々ある病気の中でこの狂犬病だけが義務化されているのでしょうか??

 

それは、この病気が“人間を含む全哺乳類に感染する病気だから”という理由があるからなのです

狂犬病は発症してしまうと、ほぼ100%の確率で犬も人間も死亡してしまうとても恐ろしい病気です!

狂犬病の特徴は読んで字のごとく「狂犬のような行動を起こす」ということにあり、感染経路は狂犬病ウィルスに感染している動物に咬まれたり、ひっかかれたりすることによって起こります。

そして、体内に侵入したウィルスは、傷口から神経を伝って脳に侵入し脳炎を起こします。その後、風邪の症状から食欲不振、咬まれた傷の痛み興奮麻痺恐水意識障害不整脈心不全と進行していき、発症からおよそ10日間で死に至るのです。

改めて、本当に恐ろしい病気ということがわかりますね。

日本では1957年以降発症はありませんが、エキゾチックアニマルが流行っていたり、海外から来る動物により、いつ日本に入ってきてもおかしくない状況なのは事実です。

なので、ワクチンはきちんと接種しましょう!

犬の被毛

換毛期の季節!

今日は朝から気温が上がり、ぽかぽかした1日になりましたね!

気持ちがよくてお散歩が捗ったのではないかなと思います!

 

ところで、おうちのワンちゃんは最近なんだか毛がたくさん抜けませんか?

そう、ワンちゃんには年2回、換毛期があるのをご存知の方も多いと思いますが、それがまさに今なのです!

夏毛に生え変わる“春”と冬毛に生え変わる“秋”の2回、人間で言う衣替えの時期となります。

基本的には日光(紫外線)を浴びることにより、自律神経が刺激され起きる現象なのですが、室内飼いで一年中温度が一定だと換毛期以外にも多く毛が抜けるとも言われています。

逆に換毛期になってもあまり抜けないワンちゃんもいます!

ダブルコートと言われる柴犬、ポメラニアン、コーギーなどはとっても沢山抜けるイメージがありますね。

一方でプードル、ヨーキー、シュナウザーなどの犬種は換毛期がなく、一年をかけて少しづつ抜けているので気になりません。

 

さて、この換毛期に気をつけていことがあります!

それは、抜けた毛が身体に残ったままになっていると、皮膚呼吸の妨げになったり、湿度がたまりやすく皮膚病になりやすいということです!

なのでこの時期は小まめにブラッシングをして清潔に保ってあげることが一つポイントになります!

とはいえ、やり過ぎて皮膚を傷つけてしまわないようにしてあげましょう!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén