Tiara's NOTE

アットホームなサロンが発信する、緩くて気軽でちょうどいい、犬の情報サイト

カテゴリー: 夏の生活

はぁはぁする犬

暑さに負けないためにまずできること…

これからの時期に気を付けたいもの。。。

 

それは “熱中症” や “夏バテ” ではないでしょうか?
そうならないためにも、対策としては水分補給が必要不可欠となります。

 

わんちゃんが暑いときや運動後などに「ハァハァ」と舌を出して呼吸することはご存知かと思いますが、これは “パンティング” と呼ばれるものです。
実はワンちゃんの体温調節機能は、ほぼこのパンティングによるものなのです。

 

人間は暑い時、全身の表皮にある “エクリン腺” から汗を出して皮膚表面を濡らし熱を逃がして体温を下げますよね。
しかし、ワンちゃんの場合、このエクリン腺が肉球にわずかにあるだけで、人のように汗をかいて体温調節をすることがほとんどできません。

 

その変わりにパンティングをして空気を取り入れ、口の中の水分を蒸発させることによって体温を下げているわけです。
つまり、暑いとパンティングが増え、水分が失われていくため、しっかり水分補給しなくてはなりません!

 

お家ではいつでも好きなだけ飲めるようにお水を用意しておきましょう!

あんまりお水を飲まない子は、時にきゅうりなど水分の多い夏野菜をあげてみるのも一つの手段です。その際は、細かく刻んであげましょう。

 

また、お散歩の際は保冷剤を入れたタオルなどを巻いてあげたり、お家で休んでいる時に暑そうにしているのなら、エアコンはもちろんですが、冷却パッドをお腹に敷いてあげるなどの対策も有効です。

 

日本の夏はワンちゃんにとっても、生活するには辛い環境です!

 

私たち人間よりも基礎体温が高くたくさんの毛に覆われたワンちゃんたちの夏の生活が少しでも快適になるような工夫を一緒に考えていきましょう!

車に乗る犬

犬の車内事故を防ぐために一番必要な意識とは!?

行楽で車に乗ってのお出かけが増えるこの季節…

注意したいのが、犬の車内置き去り事故 ではないでしょうか?

もちろん、犬だけでなく小さなお子さんを置きっぱなしにしてしまう、、、

という痛ましい事故をニュースでもちらほら聞く時期になってきます。。。

 

 

冷房が効いていても、愛犬を車内に残して立ち去ってしまうのは、

実はかなり危険です。

 

詳細はコチラに↓

冷房の効いた車内でなぜ?「子どもの熱中症」の意外な落とし穴

by 丸子かおり  WooRis~身近なリスクを解決する主婦の味方 ~より

車内の冷房の循環を考えると、私たちが思っている以上に後部座席には冷気が回っておらず、熱中症になってしまうということもあるのだとか。

 

 

なので、運転席・助手席が涼しいから後ろも安全であるとは限りませんよね。

リンク先の記事では子どもの事例ですが、愛犬にも同じことが言えます。

 

 

そもそも、犬は汗腺が少なく体温調節が難しい動物です。

なので、口を大きくあけてハァハァしているわけですね。

そういう理由もあって、犬は熱に非常に弱いのです。

 

余談ですが、夏は高温多湿でダニが繁殖する時期です。

そのダニをやっつけるために、布団を天日干しにしてパンパン叩くのでは実はほとんど効果がないのだそうです。

 

では、どうするか?

一番効果的なのは、灼熱の車内に布団を入れて放置すること!

そうすることで、ダニが一気に死滅するのだそうですよ!

それほど、真夏の車内は生物には過酷な環境ということですね。

 

 

という余談はさておき、

真夏の炎天下より注意しなければならないのが実は春~初夏の今の時期の車内であると言われています!

というのは、まだ涼しいから大丈夫という意識から放置してしまい、熱中症事故につながるケースが多いからだそう。

 

詳細はこちらで↓

車内温度~危険性が高いのは春先から初夏にかけて~

一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF) より

 

やはり、車内事故を防止するためには、

そもそも犬を置いたままにする状況を回避することが一番大切ですね。

 

◆必要以上に車に乗せない心がけ。

◆犬がお留守番できる環境を整えてあげること。

◆お留守番できるようしつけること。

 

この3点を押さえてあげれば、犬にとっても安全な夏の過ごし方が実現するのではないでしょうか?

愛犬と一緒にお出かけする時は、冷気の循環を良くするために、車内扇風機などを取り付けて、適度に水分を与えてあげましょう!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén