行楽で車に乗ってのお出かけが増えるこの季節…

注意したいのが、犬の車内置き去り事故 ではないでしょうか?

もちろん、犬だけでなく小さなお子さんを置きっぱなしにしてしまう、、、

という痛ましい事故をニュースでもちらほら聞く時期になってきます。。。

 

 

冷房が効いていても、愛犬を車内に残して立ち去ってしまうのは、

実はかなり危険です。

 

詳細はコチラに↓

冷房の効いた車内でなぜ?「子どもの熱中症」の意外な落とし穴

by 丸子かおり  WooRis~身近なリスクを解決する主婦の味方 ~より

車内の冷房の循環を考えると、私たちが思っている以上に後部座席には冷気が回っておらず、熱中症になってしまうということもあるのだとか。

 

 

なので、運転席・助手席が涼しいから後ろも安全であるとは限りませんよね。

リンク先の記事では子どもの事例ですが、愛犬にも同じことが言えます。

 

 

そもそも、犬は汗腺が少なく体温調節が難しい動物です。

なので、口を大きくあけてハァハァしているわけですね。

そういう理由もあって、犬は熱に非常に弱いのです。

 

余談ですが、夏は高温多湿でダニが繁殖する時期です。

そのダニをやっつけるために、布団を天日干しにしてパンパン叩くのでは実はほとんど効果がないのだそうです。

 

では、どうするか?

一番効果的なのは、灼熱の車内に布団を入れて放置すること!

そうすることで、ダニが一気に死滅するのだそうですよ!

それほど、真夏の車内は生物には過酷な環境ということですね。

 

 

という余談はさておき、

真夏の炎天下より注意しなければならないのが実は春~初夏の今の時期の車内であると言われています!

というのは、まだ涼しいから大丈夫という意識から放置してしまい、熱中症事故につながるケースが多いからだそう。

 

詳細はこちらで↓

車内温度~危険性が高いのは春先から初夏にかけて~

一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF) より

 

やはり、車内事故を防止するためには、

そもそも犬を置いたままにする状況を回避することが一番大切ですね。

 

◆必要以上に車に乗せない心がけ。

◆犬がお留守番できる環境を整えてあげること。

◆お留守番できるようしつけること。

 

この3点を押さえてあげれば、犬にとっても安全な夏の過ごし方が実現するのではないでしょうか?

愛犬と一緒にお出かけする時は、冷気の循環を良くするために、車内扇風機などを取り付けて、適度に水分を与えてあげましょう!