梅雨が近づいているとはいえ、まだまだ行楽シーズン!

お散歩のステップがはずみますね♪

それに関連して、先日このような記事を発見したのでご紹介。。。

散歩の仕方を工夫すると愛犬の脳が活性化する

 

簡潔に内容をご紹介すると、毎日決まりきったコースや時間でのお散歩はワンちゃんの脳に退屈を与えて、認知症ぼけなどの発症につながってしまうため、いつものお散歩でどんな工夫ができるか?という内容です。

 

確かに、お散歩は習慣化されて生活の一部になってしまいがちですが、ワンちゃんは好奇心が旺盛なので、常に新しい刺激を求めています!

 

なので、いつものお散歩コースを少し変えてみたり、ペースに緩急を付けてみたりお散歩の質の部分を変えてあげるだけで脳の活性化に繋がるのだとか!

 

また、歩行という有酸素運動は「オピオイド」という鎮痛作用をもたらす物質を分泌するため、わんちゃんの心のケアにも良いのだそうですよ!!!

 

これは人間が運動によってもたらされる効果と同様ですね!

 

ぜひ、明日からのお散歩でこうした工夫を活用してみてはいかがでしょか!?